釣具事業

釣具事業

1.gif

まだ見ぬ魚との出会いを求めて

 

釣りはなぜ楽しいのか。この問いかけにはたくさんの答えが返ってくるはずです。釣りは世界中、それぞれの地に多くの種類があり、そして人それぞれにその楽しみは違うことでしょう。
曰く、釣りはスポーツだ。いや、ゲームだ。推理だ。サイエンスだ。自然との一体感だと。みんな違ってみんな良い。そこが、釣りの奥深く、魅力的なところです。大切なのは、釣りをすることで、その人の心が豊かになったり、幸せになれたりすることではないでしょうか。また、釣りは、文学や科学、
ドキュメンタリー、様々な分野で語られてきました。文化としての釣りを楽しむため、そして、新たな釣り文化を創造していくために、わたしたちはその楽しさをより多くの人々に紹介する活動を大切にしています。
そのひとつがウェブサイト・シマノT V。T Vでオンエアされた映像やDVD作品、さらにはウェブサイトオリジナルの映像などをお好きなタイミングで視聴できる、釣りファン必見の内容です。
技術を語ることなく、新たな釣具の開発はあり得ません。わたしたちは日々研究を重ね、基本性能の向上、そして新機能の開発を行ってきました。しかし、釣具を単に釣果を上げるための道具としてではなく、釣りを楽しむための道具として捉えたとき、もうひとつの扉が見えてきます。それは、感性を通じて伝わる性能を高めること。目にしたときのイメージ、手にしたときのフィーリング、使ったときの心地よさなど、こころが躍る道具でなければならないということです。いかにして技術を人の心に届けるか。シマノの釣具開発とは、技術による感性、そしてその先にある
領域までも見据えた飽くなき挑戦でもあるのです。

ft.gif

Short stroke Servo-Wave mechanism has less free-stroke and 25% greater lever input to suit more aggressive riding.

LEARN MORE >