行動規範

シマノは、「人と自然のふれあいの中で、新しい価値を創造し、健康とよろこびに貢献する。」という当社の使命を実現するため、グローバル社会の企業市民として世界共通の倫理観と遵法精神を持つとともに、世界の人々に愛される「こころ躍る製品」を提供する「Value Creating Company」であり続けたいと考えています。
この行動規範(以下、「本規範」といいます。)は株式会社シマノ及びその子会社を含めた全世界のチームシマノが、健全な事業活動を通じてグローバル社会へ、その一員として貢献し、お客様、株主、取引先をはじめとしたステークホルダーからの信頼を高めるため、一人ひとりが日々の事業活動で遵守すべき方針を定めています。
シマノは、本規範及び適用される法令を常に遵守し、誠実に事業活動を全うすることに努めます。

1 法令と倫理観

1‐1 世界各国の法令を遵守するとともに文化・慣習を尊重します。

-私たちは、世界各国・各地域の適用される法令を遵守するとともに、人権や各種の国際規範を尊重します。
-私たちは、世界各国・各地域の文化や慣習を尊重するとともに、その地域や文化によって慣習と認められる行為であっても、本規範に照らして誠実で公正な行動に努めます。

1‐2 相談窓口等の相談機関を適切に活用し、相談機関を利用したことを理由とする不利益な取扱いを禁止します。

-私たちは、本規範及び適用される法令に違反するような行為又はこれらに違反する恐れのある行為については、上司又はしかるべき相談機関に申告をします。
-私たちは、相談機関に、虚偽の申告又は誹謗中傷することを目的とした申告をしません。
-私たちは、違反行為を申告した社員に当該申告を理由とした報復等の一切の不利益を与えることを禁止します。

1‐3 反社会的勢力とは関係を一切持ちません。

-私たちは、反社会的勢力(あらゆる犯罪組織、機関、個人を含みますがこれに限定されません)との関係を一切持ちません。
-私たちは、反社会的勢力から不当な要求を受けた場合には法と正義に基づき毅然とした態度で臨みます。

2 事業活動

2‐1 安心・安全で信頼されるサービスと製品の提供に努めます。

-私たちは、お客様満足度の高い安心で安全なサービスと製品を提供することを最優先に考えて行動します。
-私たちは、提供するサービスと製品に対するお客様からのご要望、ご相談については定められた基準に基づき誠実かつ適切に対応します。

2‐2 公正かつ自由な競争による取引を行います。

-私たちは、取引の制限や自由な競争を排除するような不当な行為を行わず、公正かつ自由に誰もが競争できる市場を形成するよう努めます。
-私たちは、事業活動において、取引先の協力と支援を得て成り立っていることを認識し、良識と誠実さをもって接し、公正な取引を行います。
-私たちは、誤解・誤認を与えるような広告・宣伝活動を行いません。

2‐3 安全保障貿易管理を徹底し、国際的な貿易ルールを遵守します。

-私たちは、貿易関係法令において、禁止された組織や国に対して、製品、技術及び情報を販売、貸出、その他の譲渡を行いません。
-私たちは、輸出入にあたっては、関係法令に従って適切な輸出入通関手続を行い、禁制品の輸出及び輸入は行いません。

2‐4 政治、行政、取引相手を含む関係先と健全で正常な関係を保ちます。

-私たちは、取引関係がある、又は当社との取引を希望している相手との間で、取引の獲得や維持のため、又は何らかの取引上有利な取扱いを受けるような印象や期待を生む、若しくはそのように見える、高額な金品など社会通念の範囲を超えた贈答、接待の授受を行いません。
-私たちは、国内外を問わず、政府の役人に対して不正な利益や優位性を獲得するために、金品その他の経済的な利益の供与や申し出、又は約束をしません。政府との事業目的からの折衝、政治献金や各種団体への寄付などが必要な場合は、関係法令に従い適切な対応を行います。

2‐5 当社の知的財産を尊重するとともに他者の知的財産を尊重します。また、不公正な競争行為を禁止します。

-私たちは、当社の知的財産を適切に利用し、その保全に努めるとともに、他者の知的財産を尊重します。
-私たちは、不正又は違法な手段により他者の商業秘密を取得しません。また、不正又は違法な手段により獲得されたと判明し、又はその疑いがある他者の商業秘密の使用及び他社から許された目的以外での商業秘密の使用をしません。

2‐6 当社の資産を適切に管理し、使用します。

-私たちは、当社の有形資産や秘密情報、個人情報を含む無形資産を盗難、破壊、横領、漏えいから保護します。
-私たちは、メール、SNS、インターネットなどの情報システムを安全かつ適切に使用し、他者に不快感を与える不適切、差別的なメッセージの送受信を行いません。

2‐7 正確な財務報告及び適時に情報開示を行うとともにインサイダー取引を禁止します。

-私たちは、取引及び業績などの会計記録の正確性と完全性を保ち、正確かつ完全で合理的な財務報告及び適時に情報開示を行います。
-私たちは、当社の職務を遂行する過程若しくは第三者からの情報提供を元に知りえた重要な未公表の情報(インサイダー情報)をもとにした証券売買(インサイダー取引)、及びインサイダー情報となりうる情報を第三者へ提供することを禁止します。

2‐8 個人的な利益のために当社に損失を与えるような行動をしません。

-私たちは、個人的な利益のために、競合他社の利益となる取引又は当社に不利となる取引条件での取引を行いません。
-私たちは、有形・無形を問わず当社の資産や経費は、当社のために利用し、個人的な利益又は他社の利益のために使用しません。

3 環境保全と社会貢献

3‐1 地球の環境保全活動に取り組みます。

-私たちは、当社製品の研究、開発、製造、流通、販売及び廃棄プロセスへの取り組みだけでなく、エネルギー効率の高い技術の採用など、環境に配慮した製品作りに努め、環境負荷の低減および汚染の予防を図ります。
-私たちは、環境保護における関係法令を遵守し、環境保全に対する十分な配慮を行います。

3‐2 企業市民として地域社会に貢献します。

-私たちは、地域社会とのコミュニケーションを密にし、企業市民として共に繁栄することを目指します。
-私たちは、企業市民としての責任と役割を認識し、社会に広く貢献するための活動に積極的に参加するよう努めます。

4 職場環境

4‐1 多様性を理解し、差別とハラスメントを禁止します。

-私たちは、人権を尊重し、人種、性別、信条、地位又は市民権、性的指向、労働者の権利の行使、妊娠、宗教、政治的所属、結婚歴又は身体障がいに基づく差別をしません。
-私たちは、セクシャルハラスメントを含む一切のハラスメントを禁止します。

4‐2 雇用の健全性を確保し、安全で健康な職場環境を構築します。

-私たちは、世界各国の労働関係法令を遵守し、強制労働及び児童労働を容認せず、仕事と生活の調和を実現する雇用に努め、達成感と、よろこびを分かち合える、公正でいきいきとした職場づくりに努めます。
-私たちは、「安全と健康はすべてに優先する」との精神に基づき、安全と健康を確保する快適な職場環境を形成し事業活動中の事故防止に努めます。
策定 2016年12月