デザイン

外観の美しさと機能を両立させる

企画部門が作成した企画書(製品のコンセプト)を元にお客様が製品を使う場面を想像し、アイデアをスケッチとしてアウトプットします。そこから、模型の作成やサンプル評価を繰り返してコンセプトモデルを決定します。

コンセプトモデルの決定後は、開発や製造などものづくりに関連する部門との具体化に向けた取り組みです。特に製品の表面処理など外観に関わる製造部門と緊密なコミュニケーションを取り、デザイナーの想いを製品に盛り込みます。

新しいデザイン提案のために国内外のショーに赴きトレンドを掴むことで製品のデザインにつながることがあります。製品の企画が始まる前からデザインを提案し、「待ち」のデザインから「攻め」のデザインを行っていきます。デザインを通してお客様に自転車や釣りの楽しさや感動を提供できるよう、新しい造形やイメージを創造し、未来に向けたコンセプトモデルの提案に努めています。

この職種の社員インタビューを読む

「デザイン」の枠を飛び出して理想を追い求める

デザイン室

星野 創一郎2013年入社