ベンダー行動規範

ベンダー行動規範の目的とお願い

シマノグループ(*1)は、その行動規範において、世界各国・各地域の適用される法令を遵守し、誠実で公正な行動に努めることを方針としています。また、国際的に認められた人権と各国法との間に矛盾がある場合においては、各国法を遵守しつつ国際的な人権規範を尊重するための方法を追求します。

シマノグループは、サプライヤーに対して、法令遵守、誠実で公正な行動及び国際的な人権規範の尊重に努めることを期待しています。
シマノグループは、世界スポーツ用品工業連盟(WFSGI)の行動規範が、シマノグループのサプライヤーが社会及び環境に対する責任を果たすための規範として、適切なものであると考え、別紙に示す「WFSGI Code Of Conduct」を、シマノグループのサプライヤーを対象とする行動規範(以下、「ベンダー行動規範」とします。)として適用するものとします。
シマノグループは、全てのサプライヤー及びサプライヤーのサプライチェーンに対して、ベンダー行動規範への理解、賛同及び実践を要望します。

ベンダー行動規範がシマノグループのサプライヤーに適用される際には、WFSGI Code Of Conductの「メンバー会社」はシマノグループを、「サプライヤー」はシマノグループの調達先を意味するものとします。
また、世界各国・各地域で適用される法令が要求する水準とベンダー行動規範が要求する水準のいずれかより厳しい方が採用されるものとします。

<言語>
WFSGI Code Of Conduct 及びベンダー行動規範の英語版を正本とみなします。必要に応じて、日本語版等の仮訳を作成します。英語版と多言語版の間に矛盾抵触がある場合、英語版が優先するものとします。

<制定と改廃>
ベンダー行動規範の制定と改廃は、株式会社シマノ内の適切な手続きに基づいて行われるものとします。なお、WFSGIによりWFSGI Code Of Conductが改定された場合には、都度、改定内容について評価し、当社における手続きを踏んだ上、改定後のWFSGI Code Of Conductをベンダー行動規範として適用するものとします。

(*1) 株式会社シマノ及び株式会社シマノがその議決権を有する発行済み株式または持分の過半数を直接または間接に保有する法人

制定と改定の履歴
2021年8月1日制定

別紙1 WFSGI Code Of Conduct (APPROVED BY THE WFSGI GENERAL ASSEMBLY IN MUNICH, GERMANY, ON 23RD JANUARY 2016)

I. LEGAL COMPLIANCE

Member companies and their suppliers must operate in full compliance with national and local laws, rules and regulations relevant to their business operations including but not restricted to employment, environment and health and safety.

II. WORKING CONDITIONS

Local industry standards should prevail when higher than the local legal requirements. In countries where the legal requirements fall short of internationally recognised standards, it is recommended that members should apply the following minimum criteria:

1. Forced Labour

Employers shall not use forced labour, whether in the form of prison labour, indentured labour, bonded labour or otherwise. No employee can be compelled to work through force, the threat of force, or intimidation of any form.

2. Non-discrimination

No person shall be subject to any discrimination in employment, included in hiring, salary, benefits, advancement, discipline, termination or retirement, on the basis of gender, race, religion, age, disability, sexual orientation, nationality, political opinion, or social or ethnic origin. Foreign or domestic migrant labour shall be treated on an equal basis with local employees.

3. Freedom of Association and Collective Bargaining

The rights of workers to join (or not to join) organisations and associations of their own choosing without penalty and interference, and to bargain collectively shall be recognised and respected. Where the right to freedom of association and collective bargaining is restricted under law, the employer shall consider the development of parallel means for independent and free association and bargaining.

4. Wages and Benefits

Employees shall be fully and legally compensated for all hours worked. In all cases, wages must equal or exceed the minimum wage or the industry wage, whichever is higher and all legally mandated benefits including insurances, holidays and leave shall be provided.
In addition to their compensation for regular hours of work, employees shall be compensated for overtime hours at the rate legally required in the country of operation or, in those countries where such laws do not exist, at a rate exceeding their regular hourly compensation rate.

5. Hours of Work

Employees shall not be required, except in extraordinary business circumstances, to work in excess of 60 hours (including overtime) per week, or the local legal requirement, whichever is less. Overtime work must be voluntary.
Employees shall be allowed to at least twenty four (24) consecutive hours rest within every seven day period.

6. Regular Employment

Employees shall be employed on the basis of a recognised employment relationship established through national law and practice. Obligations of employers shall not be avoided through the excessive use of temporary contracts, subcontracting or apprenticeship schemes.

7. Child Labour

No person shall be employed at an age younger than 15 (or 14 where the country of operation allows), or younger than the age for completing compulsory education in the country of manufacture where such age is higher than 15. All legal requirements for employees under 18 shall be followed and no person under the age of 18 shall be engaged in hazardous work or conditions, or any work at night.

8. Health and Safety

A safe and hygienic working environment shall be provided, and occupational health and safety practices which prevent accidents and injury to health arising out of, linked with, or occurring in the course of work or as a result of the operation of employer facilities shall be promoted. This includes safe buildings, fire protection, electrical safety, safe use of hazardous substances and correct use of personal protective equipment. Lighting, heating and ventilation systems should be adequate. Employees should have access to adequate sanitary facilities and potable water at all times. The workplace shall have safety and health policies and procedures that are clearly communicated to the all employees. All standards shall apply to employee residential facilities, where provided by employers.

9. Harassment or abuse

Every employee shall be treated with respect and dignity and has the right to a workplace free from physical, sexual, psychological or verbal harassment or abuse.

III. ENVIRONMENT

Members and their suppliers shall aim for progressive improvement in their environmental performance. This includes:
• Responsible use of natural resources such as energy and water
• Responsible management and reduction in the use and disposal of hazardous chemicals
• Reducing, minimizing and avoiding pollution and waste including solids, liquid and air emissions
• Designing and developing products, materials and technologies according to sustainable principles
• Integrating principles of sustainability into business decisions and practices

IV. SUBCONTRACTORS

Members and their suppliers shall have full knowledge of subcontractors in their supply chain. All declared and approved subcontractors must comply with this Code. (*2)

V. COMMUNITY INVOLVEMENT

Members and their suppliers recognise the economic and social impact of their work and commit to improving conditions in the wider communities in which they operate.

VI. COMPANY SPECIFIC STANDARDS

Members are encouraged to draw up their own specific code of ethical conduct, if they have not already done so, building on the above standards.

VII. VERIFICATION & COMPLIANCE

These Principles have been adopted by WFSGI to provide guidance for members and suppliers to ensure their business operates responsibly. Members shall take steps to ensure compliance with these standards in their own operations and in those of their suppliers. Where there are instances of non-compliance [e.g. significant and/or persistent breaches] whether found by internal or independent external monitors, members shall ensure timely and reasonable remediation of such non-compliance; and ensure that adequate steps are taken to prevent recurrence and/or occurrence in other organisations. WFSGI reserves the right to require members to report regularly on the steps they are taking to ensure compliance with this Code and responsible business practices more broadly.

(*2) Note by Shimano Inc.
The Shimano Group requires its suppliers to understand, agree to, and implement the following:
The suppliers shall assess the compliance of their supply chains with each principle, and correct any problems on a continuous basis.

別紙2 日本語仮訳
WFSGI 行動規範 (2016年1月23日承認)

I. 法令遵守

メンバー会社及びそのサプライヤーは、自社の事業活動に関係する国及び地方自治体の法律、規則及び規制(雇用、環境及び安全衛生に関わるものを含むがこれに限定されるものではない)を、完全に遵守しなければならない。

II. 労働条件

現地の業界の基準が、現地の法的要件よりも厳格である場合、その現地の業界の基準が優越する。法的要件が国際的に認知された水準を下回る国においては、メンバー会社は以下の最低基準を採用することが推奨される。

1. 強制労働

雇用者は、囚人労働、拘留労働、債務労働またはその他の形であるかを問わず、強制労働を用いてはならない。いかなる従業員も、暴力の行使、暴力を行使するとの脅し、またはいかなる形の脅迫によっても労働を強制されてはならない。

2. 差別の排除

いかなる者も、雇用において(採用、給与、諸手当、昇進、懲戒、雇用関係の終了または退職を含む)、性別、人種、宗教、年齢、障害、性的指向、国籍、政治的見解、社会的門地または民族を理由とするいかなる差別の対象となってはならない。外国人労働者または国内移民労働者は、現地の従業員と対等に扱われなければならない。

3. 結社の自由及び団体交渉

労働者が罰則及び介入を受けることなく、自らが選択する組織及び組合に加入する(または加入しない)権利及び団体交渉を行う権利が承認され、尊重されなければならない。法律により結社の自由及び団体交渉の権利が制限されている場合、雇用者は、独立した自由な結社と交渉と、同等の手段の推進を考慮しなければならない。

4. 賃金及び福利厚生

従業員は、全ての労働時間について完全かつ合法的に報酬を支払われなければならない。いかなる場合であっても、賃金は法定最低賃金または業界水準賃金のうち高い方の金額でなければならず、法的に義務付けられている全ての福利厚生(各種保険、休日及び休暇を含む)が提供されなければならない。
従業員には、通常の労働時間に対する報酬に加え、残業時間についても、事業活動を行う国で法的に要求される割合、またはかかる法律が存在しない国においては通常の時間単位の報酬割合を超える割合の報酬が支払われなければならない。

5. 労働時間

従業員は、特別な事業の状況下を除き、週60時間(残業を含む)または現地の法定時間のうち短い方の時間を超えて勤務するよう求められてはならない。残業は、自由意志によるものでなければならない。従業員には、7日間に少なくとも24時間連続の休憩が与えられなければならない。

6. 正規雇用

従業員は、国の法律及び慣習により構築された、一般に認められた雇用関係に基づき雇用されなければならない。雇用者としての義務が、臨時契約、下請けまたは見習い制度を過度に利用することにより回避されてはならない。

7. 児童労働

15歳未満(もしくは事業が行われる国において許可されている場合には14歳未満)または、その国において義務教育が修了する年齢が15歳以上である場合にはその年齢未満のいかなる者も雇用されてはならない。18歳未満の従業員に関する全ての法的要件が遵守されなければならず、18歳未満のいかなる者も危険な業務または条件での作業、夜間業務に従事させられてはならない。

8. 安全衛生

安全で衛生的な労働環境を提供し、労働安全衛生の慣行を促進し、業務上または事業主施設の運営に起因する事故や健康被害を防止しなければならない。これには、安全建屋、防火、電気保安、危険物質の安全な使用、個人用保護具の正しい使用を含む。照明、暖房及び換気システムは適正とすべきである。従業員が常に適切な衛生設備及び飲料水を利用できるようにすべきである。職場には、全従業員に対し明確に内容を伝達できる安全衛生の方針と手順が定められなければならない。雇用者が従業員用居住設備を提供する場合、全ての基準がかかる従業員用居住設備について適用されなければならない。

9. ハラスメントまたは虐待

全ての従業員は、敬意と尊厳をもって扱われ、身体的、性的、心理的もしくは言葉によるハラスメントまたは虐待のない職場環境を享受する権利を有する。

III. 環境

メンバー会社及びそのサプライヤーは、環境パフォーマンスの漸進的向上を目指すものとする。これは、以下を含む。

- エネルギー及び水等の天然資源の責任ある使用
- 有害化学物質の責任ある管理ならびに使用量及び処分量の削減
- 個体、液体及び気体の排出を含む汚染及び廃棄物の削減、最小化、回避
- 持続可能性に関する原則に基づく、商品、素材及び技術の設計及び開発
- 持続可能性に関する原則をビジネス上の決定及び実践に組み入れる

IV. 下請業者

メンバー会社及びそのサプライヤーは、自らのサプライチェーン内の下請業者について完全な知識を持たなければならない。宣誓を行い、承認された全ての下請業者は、本行動規範を遵守しなければならない。(*2)

V. 地域社会への貢献

メンバー会社及びそのサプライヤーは、自らの事業の経済的及び社会的影響を認識し、自らが事業を行う、より広範囲の地域社会の状況の改善に取り組む。

VI. 会社独自基準

メンバー会社は、いまだ倫理に関する行動規範を作成していない場合、上記基準を基にして各社独自の倫理に関する行動規範を作成するよう奨励される。

VII. 検証及び遵守

各原則は、メンバー会社及びサプライヤーが責任ある業務運営を確実に行うためのガイドラインを提供するために、WFSGIにより採択されたものである。メンバー会社は、自社の運営及びサプライヤーの運営において、これらの基準を確実に遵守するための方策を講じなければならない。社内で発見されたか、社外の独立したモニターにより発見されたかを問わず、不遵守が発生した場合(例:重大及び/または執拗に繰り返される違反)、メンバー会社は適時かつ合理的な改善を確実に実施しなければならず、また、再発及び/または他の組織での発生を防止するための適切な手段を確実に講じなければならない。WFSGIは、メンバー会社に対し本行動規範を確実に遵守するために講じている方策ならびにより広い意味での責任ある商慣行について定期的に報告するよう要請する権利を有する。

(*2) 株式会社シマノ注
シマノグループは、サプライヤーに対して、以下の点について、理解・賛同・実施を要望します。
自身のサプライヤーの各原則の遵守状況を評価し、問題点の是正を継続的に行うこと。